現在の位置:トップ >サポート/マニュアル >S/MIME証明書 >Mozilla Thunderbird

Mozilla Thunderbird 3.1.7 証明書の設定 / Windows版Mozilla Thunderbird

S/MIME証明書(PKCS #12形式)の設定についてご案内します。
※本手順については、設定の状況などにより表示している画面が異なる場合があります。

電子証明書の設定方法

1.
電子証明書ファイル (PKCS #12形式)
 
弊社から電子証明書を受取ったときのファイルは、下図のような鍵と封筒のアイコンに25桁の数字のファイル名が付いています。インポートを必要とするパソコンから電子証明書ファイル(数字25桁.p12)をダブルクリックします。

※拡張子(p12)の表示が無い場合がありますが、インポートはできます。
また、拡張子を表示させる方法は、コントロールパネル/フォルダオプションを開き、表示タグ内の詳細設定[登録されている拡張子は表示しない]のチェックを外すことで拡張子の表示が可能になります。
拡張子形式:Personal Information Exchange
2.
Mozilla Thunderbird:ツール
 
ツール:オプション
Mozilla Thunderbird の「ツール」から「オプション(O)」を選択します。
 
3.
Mozilla Thunderbird:オプション
 
オプション
オプション画面の「詳細」メニューを選択し、「証明書」タブを選択します。
この画面の「証明書を表示(C)」ボタンを押下します。
 
4.
Mozilla Thunderbird:証明書マネージャ
 
オプション:証明書マネージャ
「あなたの証明書」タブを選択し、次に「インポート(M)」ボタンを押下します。
 
5.
Mozilla Thunderbird:復元するファイル名
 
オプション:証明書マネージャ:復元するファイル名
当社からのS/MIME証明書ファイルを選択し、次に[開く(O)]を押下します。
 
6.
Mozilla Thunderbird:パスワードの入力
 
オプション:証明書マネージャ:復元するファイル名:パスワードの入力
パスワードは、電子証明書と同一のファイル名のテキストに記載されています。
[OK]ボタンを押下して閉じます。
 
7.
Mozilla Thunderbird:警告
 
オプション:証明書マネージャ:復元するファイル名:警告
「証明書と秘密鍵が正常に復元されました。」が表示されれば正常です。
[OK]ボタンを押下して閉じます。
 
8.
Mozilla Thunderbird:証明書マネージャ
 
オプション:証明書マネージャ
「あなたの証明書」が表示されれば正常です。[OK]ボタンを押下して閉じます。
 
9.
Mozilla Thunderbird:証明書マネージャ
 
オプション:証明書マネージャ:認証局証明書
当社「SecureSign RootCA11」パブリックルート証明書を選択し、「設定(E)」を押下します。
 
 
「認証局証明書に対する信頼性の設定」
「この証明書をメールユーザの識別に使用する」を有効(ボックスにチェック)にします。
[OK]ボタンを押下して閉じます。
 
10.
Mozilla Thunderbird:ツール
 
ツール:アカウント設定
Mozilla Thunderbird の「ツール」から「アカウント設定(S)」を選択します。
 
11.
Mozilla Thunderbird:アカウント設定
 
オプション:アカウント設定:セキュリティ
「デジタル署名」の「選択(S)」ボタンを押下します。
 
12.
Mozilla Thunderbird:証明書の選択
 
オプション:アカウント設定:セキュリティ:証明書の選択
既に証明書がインポートされていますので、表示された証明書を[OK]ボタンを押下して閉じます。
 
13.
Mozilla Thunderbird:
 
オプション:アカウント設定:セキュリティ:証明書の選択:Thunderbird
暗号化メールに使用の有無を選択します。
 
14.
Mozilla Thunderbird:アカウント設定
 
オプション:アカウント設定:セキュリティ
証明書が表示されれば正常です。[OK]ボタンを押下して閉じます。